債務整理自己破産サイト

千葉で過払い金等の債務整理でお悩みの方はご相談下さい。

0120-916-746

借金問題無料相談(借金問題でお困りの方)

よつば総合法律事務所では、柏・松戸・我孫子・野田・鎌ヶ谷・流山・千葉等千葉県全域・茨城県・埼玉県等において借金問題・債務超過に悩んでいる方のために法律相談をお受けしております。

相談料は無料(約60分)です。借金を整理(債務整理)するのには様々な方法があります。

 

これらのうちどの方法を選ぶかは,借金総額やあなたの職業や財産状況などといったあなたが抱える事情で変わってきます。「これって弁護士に相談できるの?」と思うことでも、まずはお気軽に相談してみて下さい。

よつば総合法律事務所があなたの借金問題を完全に解決致します。

こんな時は、弁護士にご相談下さい!
◎借金の取り立てをいますぐ止めたいのですが 
◎現在の収入から考えて、借金を返せそうにない 
◎借金を整理して、生活を立て直したい 
◎借金を整理したいが、どんなデメリットがあるのか不安
◎今すぐ、サラ金からの取立てを止めたい 
◎失業してしまって、借金が返せそうにありません 
◎収入が激減してしまったので、借金返済が苦しくなりました 
◎市役所に相談に行ったがどうすれば借金問題が解決できるかわからなかった 
◎もう新規で借り入れできなくなりました  
◎借金のことを考えているとノイローゼになりそうです
◎友人の保証人になって、借金が自分に来てしまいました
◎利息しか返していない状況が何年も続いています
◎会社まで借金の取り立てが来るようになって、今すぐ止めてもらいたいのですが 
◎せっかく住宅を買ったのに、住宅ローンが払えそうにありません 
◎事業の倒産を考えています
◎家族に借金を秘密にしていたがもうばれてしまいそうです ※ 
◎借金のことを考えると夜も眠れません 
◎借りたお金は返したいと思っているが、今のままでは返せそうにない 
◎過払い金があるかもしれないのですが細かいことがよくわかりません 

*ご家族に秘密での債務整理手続きを希望された場合であっても,インターネット上の官報に破産手続きをしている事実が掲載されたり,貸金業者から直接郵便物がご自宅に届いたり,裁判所から直接郵便物がご自宅に届いたりする可能性があります。その場合,ご家族に借入の事実や債務整理をしている事実が判明してしまうことがあります。


*よつば総合法律事務所では,年間1000件前後の債務整理・借金関係のお問い合わせをいただいています。債務整理といっても皆様の現在の状況に応じた一番適切な方法をとる必要があります。借金関係のご相談の実績が多い法律事務所を選ぶ方が,良い結果が出る確率が高いでしょう。なお,当事務所は千葉県内の法律事務所でも借金関係のご相談について一番の実績があると自負しております。地元の方からのご相談をたくさんいただいておりますので,ぜひご相談下さい。

債務整理の無料相談について、及び債務整理の無料相談をする場合の具体的なご相談方法についての説明はこちら→債務整理の無料相談

 

 

当事務所に実際にご依頼された場合,取立の電話を止めるよう貸金業者に速やかに法律事務所より通知をします。その後は取立の電話は当事務所が対応いたします。


当事務所では,過払い金の高額回収を目指しています。話し合いのみならず,積極的に貸金業者に対して過払い金の返還請求訴訟・裁判を起こしています。



ご相談・お問い合わせのお申込み方法

ご相談・お問い合わせのお申し込みは,お電話か下記のご相談・お問い合わせフォームから受け付けております。

お電話でのご相談・お問い合わせはこちら

           受付時間 平日・土日祝6:00~22:00

ご相談・お問い合わせフォーム

借金問題,過払い金請求についてのご相談・お問い合わせをしたいという方は,下記のフォームからお願いします。
・お急ぎの方は,フリーダイヤル0120-916-746
(受付時間 平日・土日祝6:00~22:00)までご連絡ください。
・このフォームがご利用になれない方は,info@yotsubasougou.comまでご連絡ください。

 

 

 

債務整理に関するご相談・ご質問はございますか?

1,
10年前に株式会社を設立してネットショップを経営しておりますが、順調であった外国の化粧品が薬事法の問題で売ることができなくなり急速に赤字になってしましました。
他の商品も試みましたが現在のネットショップは厳しい競争になっており厳しさは増すばかりです。
現在の債務は仕入れた商品の未払金が800万円と、ショップを開設している大手ネットショップモールへの未払金が180万円、人件費と事務所の未払い家賃が135万円で合計1115万円です。
弁護士にお尋ねしたいのですが、債務整理をして経営を立て直したいのですが、破産をしないでできる方法がありましたらご指導ください。


2,
弁護士さんにお尋ねします。自分の過去の不徳で多重債務に陥っております32歳の女性ですが、ようやく仕事も見つかり会社に勤務しています。
この度、友人の紹介で知り合った方と結婚する運びになりましたが、過去の不徳である債務については結婚が破談になる恐れがあるので知られたくありません。
今のままでは消費者金融からの取り立てがバレてしまいます。
結婚後も仕事は続けますので、250万円の返済も少しずつは可能ですが、婚約者や勤務先に知られずに破産はできるのでしょうか?


3,
弁護士か会計士にお尋ねしたいのですが、以前に派手な遊びに夢中になって遊び金欲しさに複数のカードでキャッシングをしてしまい返済に苦しんでいます。
件数は6件の銀行系と消費者金融系のキャッシング・ローンですが、勤務先がしっかりしている会社なので借りられたと思います。
月々の返済合計額を下げられれば長期的に返済できる自信があります。
6件の返済を一本化して月次の返済金額を下げる方法はありますでしょうか?



4,
15年前に会社を設立して食品販売業を経営しております。
株式会社と言っても実際には個人経営です。
リーマン・ショック後になって納入先の飲食関係の業績が悪化した余波で当社も経営に苦しんでおります。
債務は金融機関と未払いの買掛金、未払い家賃、未払い倉庫料と冷凍設備のリースなどがあります。
業績の悪化は下げ止まったので債務の圧縮出来れば、月次の返済金額を支払っていける自信があります。
弁護士にお尋ねしたいのですが、破産をしないで債務整理ができる方法はありますでしょうか?


5,
小規模の金属加工業を経営しておりますが3年前から業績が低迷して資金難に陥っております。
こうなりますと銀行は運転資金の貸し出しを渋って追加では貸してもらえません。
しかし、役員と従業員の努力で少しですが新しい商品開発もできてきております。
現在の状況では、従業員の給料と製造に必要な金属や化学剤の仕入れと地代を支払うのが目いっぱいで銀行返済までは資金が回りません。
銀行の返済を業績の回復ができるまで猶予して貰いたいのですが私達が掛けあっても良い返事はもらえません。
弁護士のお力で銀行に納得させる事ができませんでしょうか。






 弁護士に依頼する理由(司法書士との違いについて)
 良い弁護士の見つけ方 10カ条
 動画 債務整理のご相談
 解決事例
 お問い合せ



⇒ご相談の前に必ずこちらをクリックしてください。
無料相談実施中