ここでは、任意整理の費用について解説します。

任意整理とは、法律事務所と業者が任意に交渉することにより、分割払いにより支払を行うという方法です。裁判所を介さずに任意に交渉を行うことから、任意整理と呼ばれています。


任意整理の費用について

よつば総合法律事務所の任意整理の費用は以下の通りです。

任意整理について残高が残る業者については減額報酬はありません。(ただし、過払金が発生しない場合)

法律事務所によっては、減額した金額の10%程度の金額が別途減額分の報酬として発生することがあります。

当事務所では、利息制限法で計算し直したとしても残高が残る業者については減額報酬分の費用は発生しません。そのため、減額報酬がある法律事務所に加えて、費用が割安となっています。

任意整理における過払い報酬について

任意整理の中で過払い金が発生する場合には、別途過払い金についての報酬が発生します。また、過払いの訴訟を提起した場合には、過払い訴訟分にかかる実費の実額が追加の費用としてかかります。

過払い金についての報酬は、過払い金が発生した割合に応じて決まりますので、過払い金の請求をした結果、費用の負担だけが重くなったというようなことはありません。

任意整理における完済業者に対する過払金返還請求について

完済後の業者に対し過払い金請求をする場合、1社39,000円の費用は発生しません。(過払い報酬及び実費実額は発生します)。

なお、実際に完済業者から返金があった場合には着手金相当額として返金があった業者については1社20,000円(税抜)の費用が発生します。

完済業者に対する過払い金返還請求をする場合、場合によっては業者の倒産等により返金を受けることができないことがあります。また、調査した結果、利率が法定利息の範囲内のため、過払い金が発生していないということがあります。

このような場合には、当事務所では、任意整理の費用はもちろんかかりませんし、一切の費用がその業者についてはかからないという費用体系になっています。依頼されたにもかかわらず赤字になってしまったということでは、費用対効果の意味で弁護士に依頼する意味はないと思いますし、また、私たちもそのような費用のいただきかたはしたくはありません。

費用が明確で皆様に費用についてのデメリットがないことが重要と私たちは考えています。


ここでは、任意整理の費用について解説しました。

よつば総合法律事務所では、費用の明確化に努めておりますが、任意整理の費用についてご不明な点がございましたら担当弁護士までご連絡下さい。

なお、近年、業者が任意の交渉に応じないということが増えており、任意整理での解決が難しいというケースもございます。

そのような場合、当事務所では任意整理ではなく、自己破産・民事再生という方法により解決をすることも多くなってきています。