千葉県柏市 株式会社加瀬運社様(仮名)

職種 運送業
従業員 2人
負債総額 7,000万円
債権者数 4社
担当弁護士

運送業を行う株式会社。トラックを複数台所有。石油価格の高騰と社長の病気が理由で破産を決断。会社及び社長が自己破産申立。社長は自宅を所有していたが、時価が1000万円程度だったので、親戚に依頼して親戚が不動産を購入。親戚から不動産を借りることで同じ場所に住むことができた。

事例のポイント

  • 自宅の評価額が1000万円程度だったので、親戚が一括払いで不動産の時価を準備することができました。
  • 社長は年金とアルバイト収入で生活の再建をすることができました。
  • 弁護士費用については過払い金の返金があったので、過払い金の中から弁護士費用の大部分を支払い、自己負担分の弁護士費用はほとんどありませんでした。
  • 親戚が住宅を購入する場合、住宅ローンは通らないことが多いですが、親戚が一括払いで支払いが可能な場合には、金融機関と不動産の任意売却を交渉することにより、あっさりまとまることも多いです。

  • プライバシー保護のため、所在地・法人名・従業員数・負債総額・債権者数その他事実関係は、事例の趣旨に影響を及ぼさない範囲で変更してあります。