千葉県松戸市 株式会社一松(仮名)

職種 運送業
従業員 15人
負債総額 2億円
債権者数 70社
担当弁護士

小口の運送を行う株式会社。燃料費の高騰や代金の未払い等により資金繰りが悪化。会社及び代表取締役個人について破産を決意。買掛金(他の業者に発注した運送費)が多数あり。

事例のポイント

  • 一般に、個人の買掛金や小さい法人の買掛金がたくさんあると事実上のトラブルとなる可能性が高いです。実際、弁護士名で破産する旨の通知を出したにもかかわらず、取引先から社長宛への連絡はすぐには全て止まりませんでした。(1~2ヶ月後にはほぼ止まりました。)
  • 債権者集会においても、多数の小口の債権者からの意見が出ましたが、数回債権者集会を行うことにより、免責許可の決定が出ました。
  • 他方、金融機関の債務については、弁護士名での受任通知を出した段階で取立がストップし、それ以降、社長への請求はなくなりました。

  • プライバシー保護のため、所在地・法人名・従業員数・負債総額・債権者数その他事実関係は、事例の趣旨に影響を及ぼさない範囲で変更してあります。