自己破産とは

自己破産とは、それぞれの事情で借金の返済ができなくなった際、裁判所に申立をすることにより過去の借金をゼロにし、新たな生活ができるように建て直しを図る方法です。
借金問題解決のための債務整理の方法には、任意整理・民事再生(個人再生)・自己破産などがありますが、自己破産は裁判所への申立てにより、過去の借金をゼロにすることができる制度です。

自己破産したらどうなる? 自己破産のメリット・デメリット

自己破産をした場合、借金をゼロにすることができるという大きなメリットがあります。このメリットは他の債務整理の方法(任意整理・民事再生)とは異なるメリットです。
他方、自己破産をした場合デメリットもゼロではありません。原則として、不動産などの大きな財産はなくなります。

自己破産のメリット

  1. 催促や取立て行為が一切なくなります。
  2. すべての借金がゼロになります。
  3. 借金で苦しまなくて良い生活から、再スタートすることができます。
  4. 今まで借金の返済に使っていたお金を、貯金にあてたり、ご家族のためのお金にあてたり、万が一の出費があったときのための準備にあてたりすることができます。
  5. 借金に追われなくなり、心の平穏を得ることができます。

自己破産のデメリット

大きな財産がなくなります。

所有する自宅や車など大きな財産がなくなります。(ただし、破産をしても一定程度の財産を保持することはできます。)

信用情報機関(ブラックリスト)に登録されます。

5年から10年間信用情報機関(ブラックリスト)に登録されます。登録されている期間、クレジットカードを利用したり、お金を借入したりすることは難しいことが多いです。

官報に掲載されます。

国が発行している官報という書類に名前等の情報が掲載されます。ただし、官報を見ている人は少ないでしょうから大きなデメリットとはいえないでしょう。

保証人への請求がいきます。

自己破産をしても保証人への請求を止めることはできません。そのため、保証人が変わりに借金を支払うこととなります。

一定の資格制限があります。

警備員、士業(弁護士など)の仕事を一定期間行うことができないというデメリットがあります。

これらの噂は一部又は全て真実と異なります

  • 戸籍に記載される
  • 免許証に記載される
  • 選挙権がなくなる
  • 家族が代わりに借金を背負う
  • 一生借金ができなくなる
  • 海外旅行に行けなくなる
  • 会社にばれる
  • 会社を辞めさせられる
  • サラ金業者から嫌がらせを受ける
  • 本籍地の破産者名簿に情報が記載される
  • 本籍地の市区町村が発行する身分証明書に自己破産したことが記載される
  • 家財道具を没収される
  • 年金が受け取れなくなる
  • 家族も皆借金ができなくなる
  • 今後の就職活動に影響する
  • 今後の家族の就職活動に影響する
  • 退職金が全額没収される
  • 仕事を解雇される
  • 車を必ず失う
  • 一生ローンを組めなくなる

これらは、根拠のない全くのウソであったり、一部条件が限定されていたりするものが大半です。自己破産のデメリットは個別の皆様の状況によって、「全く問題がない」という場合が多いですが、自己破産のデメリットを考えると自己破産以外の債務整理の方法を選択した方がよいという場合もあります。弁護士などの専門家にご相談の上、納得のいく方針決定をすることをお勧めします。

自己破産手続きの流れ

自己破産手続きの大きな流れは以下の流れとなります。

  1. 法律事務所への問い合わせ
  2. 弁護士との面談・方針の決定
  3. 法律事務所から貸金業者等への破産をする旨の通知(通知は方針決定後速やかに送付します。この時点で取立は止まります)
  4. 裁判所への申立て
  5. 裁判所への出頭(出頭しなくてよい場合、複数回の出頭が必要な場合など事案によって異なります。)
  6. 最終的に借金をゼロにする決定(免責決定)
  7. 解決
自己破産の流れ

自己破産を実際にされた方の感想

実際に自己破産をされた方の感想で一番多いのは「もっと早く自己破産を依頼すればよかった」という感想です。また、「弁護士に相談・依頼してほっとした」、「将来まっくらだと思っていたが見通しが見えてきた」、「実際に破産をしてもデメリットはほとんどなかった」などの感想も多く聞かれます。


「破産」はイメージがあまりよくないので、そう簡単に決心できるものではありません。しかし、心身の健康を害してしまったり、家庭崩壊に至ってしまっては意味がありません。債務整理の方法の1つとして破産も視野に入れた弁護士へのご相談をお勧めします。