自己破産のデメリットにはどのようなものがあるでしょうか。ここでは、自己破産を選択した場合の自己破産のデメリットについて解説します。


自己破産をした場合、ブラックリストへの登録はどのようになりますか。

平均して7年間前後、いわゆるブラックリスト(信用情報機関)に債務整理をした旨が登録されます。そのため、ブラックリストに登録がある期間は、通常新たな借入は難しいでしょう。(ただし、従前から契約しているクレジットカード等の場合には継続した使用ができる場合もあります。)そのため、今後、一定期間は借入ができなくなるというデメリットが自己破産にはあります。

自己破産をした場合、官報に載ると聞きましたがどのようなことでしょうか。

自己破産をした場合、デメリットとして官報に載るということが言われています。ただし、官報という書類を見たことがある方はほとんどいないと思います。法律の手続き上、官報に記載することが必要なのは事実ですが、官報に載ること自体は大きなデメリットとは言えないでしょう。

自己破産をした場合、保証人への請求はどのようになりますか。

自己破産をした場合、ご本人の借金を整理することは可能です。しかしながら、保証人(連帯保証人・連帯債務者)の責任は自己破産をしたとしてもなくなりません。つまり、自己破産をした方の借金問題は解決しますが、保証人に対して業者から請求が行くこととなります。(この場合、業者は原則として一括払いを求めてきます。)そのため、保証人の方も併せて何らかの債務整理をする必要が出てくることがあります。以上のように、自己破産をした場合、保証人に迷惑がかかるというデメリットがあります。

自己破産をした場合、家族への影響はありますか。

自己破産をした場合、原則として家族に影響があることはありません。あくまで借金は個人個人の問題だからです。そのため、自己破産をした場合、家族への大きな影響があることはありません。この点は自己破産のデメリットとは言えないでしょう。

自己破産をした場合、引っ越しができなくなることはありますか。

自己破産をした場合であっても引っ越しは可能です。この点は自己破産のデメリットとは言えないでしょう。

自己破産をした場合、住民票・戸籍に載りますか。

自己破産をした場合、住民票や戸籍に自己破産の事実が記載されることはありません。この点は自己破産のデメリットとは言えないでしょう。

自己破産をした場合、費用はどのくらいかかりますか。

自己破産をした場合、一定の弁護士費用がかかります。詳細は、弁護士費用をご参照ください。

弁護士費用はこちら

ただし、当事務所では、分割払等の方法で、自己破産をした方に発生するデメリットができるだけ少なくなるようにしています。

デメリットを恐れてばかりでは解決しない?

自己破産をするにあたって、デメリットのことを考えて、なかなか決断ができない方が多いことも事実です。たしかに、自己破産の場合、全く無傷で問題を解決するということはできません。つまり、何を犠牲にして、何は守るかという要素が重要になってくるのです。その判断をするためには、自己破産のデメリットを確実に把握しておく必要があります。見えないものは恐ろしく感じるものですが、実際に理解してみるとそれほど大きな問題(デメリット)ではないということも多いです。皆様の生活がよいものとなりますように、私たちは応援します。


ここでは、自己破産を選択した場合の自己破産のデメリットについて解説しました。自己破産のデメリットについての詳細、他の解決方法(任意整理・個人再生等)との比較は弁護士等の専門家にご相談ください。