では、実際に過払い金返還請求をする場合、どのような方法で過払い金返還請求をするのでしょうか。当事務所において、過払い金返還請求を実際にする場合の流れを説明します。


過払い金による借金解決の流れ

1. ご来所いただいてのご相談

初回相談料は無料です。過払い金の有無・過払い金による借金解決の可能性について打ち合わせをします。

2. 検討

過払い金返還請求が可能かどうかについての検討(取引開始時期・利率・残高・取引の経緯・完済の有無等)

特に、完済をしている業者について、キャッシング(お金の借入)で利息制限法を超える高利の借入があった場合には、過払い金が発生している可能性が極めて高いです。検討の際には債務が残っていると思われる業者のみではなく、既に完済済となっている業者についても十分な検討を行う必要があります。

3. 必要な書類の作成手続き

弁護士事務所から業者に対して、債務整理の通知を発送します。その後、業者から弁護士事務所に対して、今までの取引の履歴を記載した書面が到着します。

4. 過払い金発生の有無を計算

法律事務所において、過払い金発生の有無を計算(利息制限法に基づく引き直し計算)。過払い金が発生している場合、過払い金の請求をします。

過払い金は利息制限法の以下の利率を超えている場合に発生します。

  • 元本の額が10万円未満の場合
    年20%を超える利率の場合過払い金発生の可能性有
  • 元本の額が10万円以上100万円未満の場合
    年18%を超える利率の場合過払い金発生の可能性有
  • 元本の額が100万円以上の場合
    年15%を超える利率の場合過払い金発生の可能性有

5. 和解に向けての手続き

弁護士が業者と過払い金請求について交渉を行います。話し合いで合意ができた場合には合意書を作成の上返金を受けます。

話し合いで合意ができない場合には裁判を起こした上で解決をします。裁判をした場合であっても、裁判所にて業者と合意をすることもあります。判決の場合には、判決結果にしたがった返金を受けます。

6. 借金問題解決・債務整理終了

過払い金の返金。過払い金を使用して、他の残高が残っている業者への返済。


過払い金返還請求をする場合、法律上の様々な問題点が出てくる場合があります。

また、地方裁判所への裁判の提起等、弁護士でなければできない業務もあります。

また、過払い金返還請求においては、貸金業者ごとに対応の特色や和解のポイント等があります。過払い金返還請求を検討している場合、過払い金返還請求業務を多く行っている弁護士等の専門家にご相談ください。