任意整理は、弁護士に代理人となってもらって借金の総額を減らして、確実に分割で返済する手続きのことです。

任意整理の大きなメリット

  1. 弁護士に依頼すると、業者からの取立てがすぐに止まります。
  2. 借金の総額を減額することができます。
  3. 本来支払わなければならなかった利息を無利息にすることができます。
  4. 借金の「過払い金」がある場合、その分のお金が戻ってきます。
  5. 借金整理する部分を限定できます。
  6. 自己破産や個人再生と違って官報に載ることはありません。
  7. 各種の資格制限がありません。
  8. 裁判所を使わないので、呼び出しなどの時間的な拘束が少なくてすみます。

ここは注意!任意整理する前に知っておくこと

個人情報がブラックリストに載ることになるので、5年から7年程度の間、新たな借金をすることやクレジットカードを作成することが難しくなります。

当事務所に実際にご依頼された場合、取立の電話を止めるよう貸金業者に速やかに法律事務所より通知をします。その後は取立の電話は当事務所が対応いたします。

任意整理の解決水準

業者との個別の交渉になりますが、概ね、以下の解決水準となることが多いです。

  • 借金の総額については、利息制限法で計算をし直した元金総額程度となることが多いです。
  • 分割払いの回数については36回から60回程度の分割払いの回数となることが多いです。
  • 2回以上支払いを滞ると一括で全額を支払うことになってしまうことが多いです。
  • 支払開始時期は合意後1~2カ月後が多いので、弁護士に任意整理を依頼してから2カ月~6カ月後位からの支払になることが多いです。

任意整理がお勧めの方

  • ある程度の安定的な収入があり返済が可能な方
  • 債権者の数が少ない方
  • 連帯保証人付の借入がない方(連帯保証人の責任は任意整理をしても変わりません。)
  • 自宅に担保(抵当権など)の設定がない方(自宅に担保が付いていると任意整理をしようとしても担保を実行されて自宅を失う可能性があります。)

任意整理が難しい方

  • 収入がない方、または収入が不安定な方
  • 債権者の数が多い方
  • 給料の差押を既にされてしまっている方
  • 自宅の担保権実行の競売申立を既にされてしまっている方

任意整理が難しい方の対応方法

  • 任意整理が難しい方の場合、自己破産申立により全ての借金をゼロにすることが可能となります。
  • 任意整理が難しい方の場合、個人再生申立をすることにより、借金の総額を減らした上で分割払いの方法により解決をすることが可能となります。

ここでは、任意整理について解説しました。

よつば総合法律事務所では無料法律相談も行っております。お気軽にお問い合わせください。

ご相談から解決までの流れ