任意整理の流れ

1. 弁護士から業者に受任通知書を発送。

弁護士が各業者に任意整理の依頼を受けた旨の通知を発送します。通知が業者に届いた時点で業者からの請求は止まります。

また、通知到達後、再度の合意が成立するまでは一度支払いをストップすることが可能となります。

2. 取引履歴の調査

弁護士がこれまでの取引経過を業者から取寄せます。

業者によっては取引経過を出さない悪質な業者もありますので、その場合には弁護士が対応した上で取引経過を業者から提出させます。

3. 支払うべき借金を確定

利息制限法に基づいて、正しい借金の額を弁護士が計算しなおします。

ショッピング分は利息制限法の適用はありませんが、キャッシング分は利息制限法の適用があります。特に、取引期間が長い方の場合には利率が高い時期に契約をしている可能性もあります。

利息制限法による再計算により、借金の総額が減ったり、過払い金が発生する可能性があります。

過払い金返還請求はこちら

4. 返済案の作成

支払可能金額を検討した上で、返済案を作成します。

借金の総額については、利息制限法で計算をし直した元金総額程度となることが多いです。

5. 業者との交渉

弁護士が代理人として交渉します。

  • 分割払いの回数については36回から60回程度の分割払いの回数となることが多いです。
  • 2回以上支払いを滞ると一括で全額を支払うことになってしまうことが多いです。

6. 合意・支払開始

合意をした後、合意書を作成し、支払を開始します。

  • 支払開始時期は合意後1~2カ月後が多いので、弁護士に任意整理を依頼してから2カ月~6カ月後位からの支払になることが多いです。

任意整理で合意ができない場合

相手業者が強硬であるため任意整理での合意が困難な場合がまれにあります。そのような場合、以下のような方法で借金問題を解決します。

  • 方針を個人再生(民事再生)に切替することによる解決
  • 方針を自己破産に切替することによる解決
  • (弁護士と協議・相談の上例外的に)業者が主張する金額に近い金額での解決(ただし、最後の手段です。)

給与差押・自宅の競売申立がある場合

  • 給与の差押がある場合、任意整理での解決は一般的には難しいです。そのような場合には、自己破産・個人再生での解決をお勧めしています。
  • 自宅の競売申立がある場合、任意整理での解決は難しいことが多いです。自宅をどのようにするかという点が一番大切な問題ですので、弁護士と協議の上、一番よい方法を考えていきましょう。