任意整理の流れ

1. 弁護士から業者に受任通知書を発送。

通知が業者に届いた時点で請求が止まります。

2. 取引履歴の調査。

弁護士がこれまでの取引経過を業者から取寄せます。業者によっては取引経過を出さない悪質な業者もありますので、その場合には弁護士が対応した上で取引経過を業者から提出させます。

3. 支払うべき借金を確定。

利息制限法に基づいて、正しい借金の額を弁護士が計算し直します。
※過払い金が発生している場合には、過払い金返還請求に移行します
過払い金返還請求はこちら

4. 返済案の作成。

業者との交渉がまとまりやすいよう、事前に返済計画を立てておきます。

5. 業者との交渉。

弁護士が代理人として交渉します。