• 家族が幸せに暮らしている住宅だけはなんとか手放したくない。
  • 一家の大黒柱として家族を支えてきたがもう限界だ・・・。
  • 失業をきっかけに借金の返済ができなくなってしまった。
  • 競馬やパチンコで借金を増やしてしまった。
  • 景気の悪化に伴う事業の不振で借金の支払いができなくなった。
  • 子供のためにと今まで返済してきたが一度弁護士に債務整理の相談をしてみたい。
  • 友人の保証人になったところ、膨大な額の連帯保証の支払いを要求された。

男性には、家族や子供を支える一家の大黒柱という重要な役割があります。ついつい責任感が強く、今まで無理をしてきたかもしれません。また、社会的地位のある方は、職場にばれてしまうのではないか、出世に影響するのではないかということが気になり債務整理に今まで踏み出せなかったかもしれません。

皆様にとって大切なことは、物事の優先順位を決めることです。中途半端な状態のままで借金の返済を続けても問題は全く解決しません。一度正しい知識を得て、物事の優先順位をしっかりと決め、行動するためにも、専門家への今すぐの無料相談への問い合わせをお勧めします。

男性のための債務整理Q&A

ギャンブルが原因でも債務整理できますか。

任意整理・民事再生はギャンブルが原因でも可能です。破産をすることも可能ですが、借金に占めるギャンブルの原因が50%を超えると免責不許可となり借金がゼロにならない可能性もあります。

また、50%以下の割合であったとしても、少額管財事件と言って、本当に借金をゼロにしてもよいかどうかについて裁判所で管財人による詳細な調査がなされることがあります。

ギャンブルが原因の債務整理の場合には、弁護士と相談しながら方針を決めていった方がよいでしょう。

何とか自宅だけは守りたいのですが。

自宅を守るためには個人再生(住宅資金特別条項付)がお勧めです。原則として自宅は今まで通り住宅ローンを支払い続け、他の借金は借金の5分の1を3年間の分割払いをすることにより解決できる場合があります。

何とか事業だけは続けたいのですが。

まず、借金の返済がなければ、その事業を続けることにより利益が出るかどうかが1つのポイントです。

事業での利益が出ないのであれば、事業を続ける意味はありません。他方、借金問題さえ解決すれば事業を続けることができるという場合には、債務整理をすることにより事業を解決できる可能性もあります。