千葉県鎌ケ谷市くぬぎ山在住の渡井幹也様(仮名)の解決事例

相談者 50代 男性(会社員)
相談内容
取引
金融会社
3社
担当
弁護士

ご相談までの背景

渡井さんは、千葉県鎌ケ谷市くぬぎ山在住の50代の会社員です。渡井さんのお父様が貸金業者3社と取引があったのですが、完済する前にお亡くなりになってしまいました。

渡井さんは、お父様が長期間貸金業者と取引をしていたことを知っていたため、もしかしたら過払い金が発生しているのではないかと思い当事務所にご相談にいらっしゃいました。

ご相談にいらっしゃった際に借り入れを行っていた期間と金額を伺ったところ、過払い金が発生している可能性が非常に高いと判断できたことから代理人として受任しました。

弁護士が受任した旨を貸金業者に通知して取引履歴を取り寄せたところ、予想通り3社とも過払い金が発生していました。

そこで、過払い金の返還請求を行い、訴訟を経て最終的に合計で650万円の過払い金返還請求が認められました。

弁護士よりコメント

渡井さんのケースは、3社とも特段問題が見受けられないものだったので、早期に訴訟を行って迅速に過払い金を取り戻すことができました。

本件はお父様の過払金返還請求権を渡井さんが相続されているという少し特殊な事例でしたので、訴訟提起を行う際に遺産分割協議書を作成したり、訴訟の際に相続関係を主張したりする必要がありました。

本件のように、ご本人ではなくとも、被相続人の方が長年借り入れを行っていたため過払い金が発生しているということもありえます。そして、過払い金を請求する権利は相続の対象となりますので、過払い金が発生している場合、それを相続人の方が請求することもできます。

通常被相続人の方が多額の借金を抱えている場合、過払い金のことを考えることなく相続放棄をしてしまうこともありえます。しかし、相続放棄をしてしまうと得られたはずの財産を取得することができなくなってしまう可能性もあります。

なお、相続放棄を行うためには被相続人の方が亡くなったことを知ってから3ヶ月以内に行う必要があり、その期間を伸長させるためにも裁判所への申立が必要となります。

したがって、被相続人の方が多額の借金を抱えていた場合であっても、実際に本件のように過払い金が発生しているかどうかを確認してから相続放棄を検討するという方法を取るためには弁護士にご相談いただきながら進めていくことが有益です。

過払い金の返還にお困りの方はぜひ一度経験豊富な弁護士の方にご相談をいただくと良いと思います。


※プライバシー保護のため、地名については実際にお住まいの場所の近隣ですが実際とは異なる場所を記載してあることがあります。また、写真はイメージ画像であり実際のお客様とは異なります。