千葉県我孫子市我孫子在住の梶川泰之様(仮名)の解決事例

相談者 50代 男性(自営業)
相談内容
取引
金融会社
7社
担当
弁護士

手続き後の返済額

月々/25万円→ 0

ご相談までの背景

1. 破産に至る経緯

梶川さん(仮名)は、かつて建設業の会社に勤めていましたが、十数年後に独立され、その後一人で建設業の仕事をされていました。

独立後、しばらくは順調に仕事をしておられましたが、その後、取引先の破産や、受注する業務の減少により、段々と経営が悪化していきました。

経営は悪化し、返済は遅れることもあるものの、できていたこともあり、すぐに破産手続きを行うべき状態にはありませんでしたが、今後の見通しが立たずに、将来への不安を抱えておられました。

また、お子さんの教育費もかかるようになり、このままではいけないと考えておられました。

2. ご相談

梶川さんは、知人に悩みを相談したところ、その知人から、一度弁護士に相談することを勧められ、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

弁護士から、梶川さんに、破産手続の内容についてご説明させていただきました。

梶川さんは、初めて専門家から破産手続の説明を受けて、それまで抱いていた破産手続のイメージは誤ったものであり、生活再建のために、破産手続を選択することを前向きに考えられるようになりました。

また、仕事でも使っている自動車がなくなってしまっては、今後仕事ができなるのではないか、という心配をお持ちでしたので、その点についても丁寧にご説明させていただきました。

最終的には、梶川さんは、破産手続を進めるということで、当事務所で受任致しました。

弁護士よりコメント

1. 事案の解決

当事務所で、破産手続の準備を進め、裁判所に申し立てを行いました。

梶川さんは、自営業者であったことから、管財事件として手続が進みました。

自動車については、事前に、複数の業者から査定を取り、適正な金額で親族に買い取ってもらうという方法を採ることで、利用を継続することができました。そのお陰で、仕事の継続には支障が出ませんでした。

梶川さんは、破産手続の準備に協力的で、お願いした資料の提出も迅速にご対応いただいたおかげで、当事務所で受任後、約2ヶ月で裁判所に申し立てができました。

裁判所での手続きも順調に進み、1回目の債権者集会をもって手続終了となり、免責の決定を受けることになりました。梶川さんは、「仕事も継続でき、生活再建にも目途が立ちました。」とおっしゃっておられました。

2. 破産手続のご説明

梶川さんは、当初、破産手続を行うと、すべての財産を失い、仕事の継続もできない、いろいろな権利が制限されるというイメージを持たれていたようです。

梶川さんに限らず、多くのご相談者様とお話をさせていただくと、破産手続に関して、誤ったイメージをお持ちの方が多くいらっしゃるという印象を受けます。

破産手続は、生活再建を目指すための制度であり、そのための方策も準備されています。

破産手続をすべきかどうか迷われている方は、一度お近くの専門家にご相談されることをお勧め致します。

3. 自動車

カーローンの支払が終了している自動車については、何らかの手続きを取ることにより、自動車を継続して利用することが可能な場合があります。

もっとも、法的に誤った方法を採った場合には、破産手続の中で大きな問題になってしまいますので、専門家にご相談いただき、慎重に対処する必要があります。


※プライバシー保護のため、地名については実際にお住まいの場所の近隣ですが実際とは異なる場所を記載してあることがあります。また、写真はイメージ画像であり実際のお客様とは異なります。