千葉県鎌ヶ谷市 小川リサイクル株式会社様(仮名)

職種 リサイクルショップ
従業員 2人
負債総額 5,000万円
債権者数 4社
担当弁護士

実際の店舗でリサイクルショップを行う株式会社。創業後、金融機関からの借入をしたが、その後、当初の予定通りに事業計画が進まず、数年で債務超過となった。会社及び個人が自己破産を申立。債権者は金融機関のみ。自宅は賃貸物件。

事例のポイント

  • 今後同業を継続するつもりはなく、他社で正社員として働く予定とのことだったため、通常のスケジュールで破産を申立しました。
  • 破産の場合、違法行為を行っている場合を除いて、金融機関(銀行等)は特別手続に対して異議は述べません。そのため、金融機関だけが債権者の場合、手続がスムーズに進む可能性が高いです。

  • プライバシー保護のため、所在地・法人名・従業員数・負債総額・債権者数その他事実関係は、事例の趣旨に影響を及ぼさない範囲で変更してあります。